今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。最近夫婦別姓の議論を最近よく耳にしますし、山梨日日新聞でもよく取り上げられているようです。「多くの場合女性の側が姓を変えるのは不平等だ」という意見があります。これに対してはなるほどそうだと思われますので足して2で割る方法でどうでしょうか?例えば「山田」さん「鈴木」さんの場合、結婚したら新しい姓を「山木」or「鈴田」さんにするとか?なにが言いたいかというと、「1つの単位に1つの名前」というのはデータベース(すなわち近代社会)の原則だからです。特に「選択的」というのは絶対ダメと思うのです。ある家族は同姓なのにある家族は別姓ではデータベースがメチャクチャになってしまう。もしどうしても別姓にするなら全世帯別姓にするべきです。でも子供の姓はどっちにするでこれも争いになりそうで心配です。女性からみれば、自分の姓が夫の姓に変わるのは夫の家に入る(嫁入り)ということを象徴することになり、これが嫌なのだと思います。だから結婚を機に全く新しい姓を名乗ればこのわだかまりが無くなるのではと考えます。もしかしたらこれで離婚は減るかもしれません。今までは離婚は「夫の家から抜けること」だったのに、新しい姓だと「自分たちで作ったものを壊す」ことになるからです。このアイデアどうでしょう?

 

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。ニュースやワイドショーで、菅総理が8人以上で会食したとかで話題となっていました。会食は4人以下でと政府が国民にお願いしているさなか、なんたることという論調でした。が、それよりもなによりも私は高級ステーキ店で一人最低でも3万円のコースからのお店だと聞いて、ああ上級国民は違うんだなぁ、我ら下級国民たるプロレタリアートには縁のない話なんだと、そういう気持ちの方が強くなってしまいました。だいたい政治家は人と会うのが仕事なので昔なら実際に会っての食事会もわかりますが、今はオンライン会食?でいくらでも同じことができる環境ですよ!!なにがIT化だ、最も遅れているのは政治家じゃないか!。などとつらつらと思ってみました。(でもそんな会食に呼ばれたいよなぁ)

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。今話題のアメリカ大統領選ですけど、日本人の僕が他国の選挙制度を云々するのはよくないことですが、あんなにも州ごとに選挙のやり方がバラバラで郵便投票の締め切りも統一されていないような状況では、トランプ大統領の不満も理解できます。将来に禍根を残しかねない状況はきちんと改めて明確なルールを設けておかないと本当によくないことだと思われます。それにしても過去4年間のマスコミのトランプ大統領に対する報道姿勢は本当に「いかがなものか」としかいいようがないです。マスコミはリベラル思想以外の思想は一切認めようとせず、それ以外の思想を反知性だとか極右だとかレイシストといってはばかりませんでした。様々な思想の人が共生できる社会でなければならないのに、マスコミをはじめとするリベラルの人々は多文化共生とか本気で言っているのでしょうか?本当にお笑いです。リベラル思想とは排他的であってはならないのに当の本人たちが排他的になって保守派と罵りあいになっている。なんじゃこりゃという思いです。

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。先だって山梨県生涯学習推進センターにて「情報セキュリティの基礎」講座の講師を勤めました。山梨県生涯学習推進センターって山梨県庁防災新館1階にあるのですが、すごく近代的な建物になってました。たしか昔は西武百貨店のあった場所だったはずで、なんか周りもいろいろ変わってしまったなぁ。

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。この季節になると母校である甲府一高の伝統行事「強行遠足」のたよりが届いてきますが、今年は新型コロナの影響で距離を縮小して実施されるそうです。残念ですが中止よりはよいかと思います。私も母校の一番の思い出は「強行遠足」一択です(彼女もいなかったし他に青春の思い出はないなぁ~、男子クラスだったし!)。前日の午後2時に山梨県甲府市美咲の同校を出発し、韮崎、清里、野辺山と国道141号線を真夜中ぶっ通しで歩き続け(猛者たちは走り続け)、翌日お昼ごろまでに長野県小諸市にゴールするものです。私は一年生の時途中の臼田で挫折、二年生の時に完走(歩)を果たしました。野辺山あたりを歩いている時は回りは真っ暗で仲間とはぐれると本当に不安でした。当時小諸から帰る際は各自が小海線を使って帰るのですが、小諸駅のホームの階段の登り降りにとんでもない時間を要しました。足はパンパンに腫れあがり足の裏には巨大なマメができて、105kmを一昼夜かけて歩いた身体に小諸駅の階段が追い打ちを掛けるのです(笑)。そして小海線の列車に乗っていると猛烈に座席が「熱い」のです。周りのみんなもそう思っていて、だれかが車掌さんに座席の暖房を切ってくださいと頼むと、車掌さんは暖房なんか入れてないよとのこと。実は足が腫れて熱を持っているので座席に暖房が入っていると勘違いしていたのです。あれは本当に不思議な体験でした(当時は小海線の列車にも車掌さんは乗っていたのです!)。そして翌日朝はちゃんと登校して一連の「儀式」が終わるのです。今だったら絶対にできない17歳の思い出です。

(↑過去のブログにも同じこと書いてた気がするなぁ)

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。今、巷で問題となっているドコモ口座を利用した不正な預金引き出しについてですが、ドコモや銀行の上層部には本来キャッシュカードの暗証番号というのは、パスワードとしてはありえないくらい脆弱なものという認識が欠けていたと思われます。じゃあなぜキャッシュカードは今まで特に問題なく使えていたかというと、「キャッシュカードという実体の所有」と「暗証番号という記憶」の二要素認証が成り立っていたからです。でも今回の犯罪の手口では「キャッシュカードという実体の所有」がなくても口座番号と暗証番号だけで預金を引き出せてしまうということが大きな原因だと思うのです。(ニュースで聞いている範囲での想像ですので、確定的なことは言えませんが・・・)
ドコモの役員がテレビで「暗証番号は本人しか知らない情報なので・・・」とか言っていましたが、数字4桁の暗証番号がパスワードと同等だと思うこと自体がおかしいです。あくまでキャッシュカードの所有と組み合わせることで暗証番号という仕組みが成り立つということが大前提だと思うのです。

 

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。今日は9月9日「重陽の節句」です。この日は古来より菊を愛でる習慣があったそうです。9月9日が節句であることは、週刊少年ジャンプに連載されていた「花の慶次」という漫画で知りました。この漫画は大好きな漫画の1つで単行本全巻揃えて何度もよみかえしましたっけ。印象に残る言葉が多い漫画です。

今日も一日ありがとう

継続は力なり。ありがとうございます。以前のブログで「ゼロから作るDeep Learning」という本で勉強を始めた旨書きましたが、この本を参考に手書きの数字を判定する仕組みを当サイトに実装してみました。ここで紹介されているMNISTデータセットを使って学習の結果得られたパラメータを使って判定しています。興味ある方はこちら

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。前回「ゼロから作るディープラーニング」の本を読んでいる旨UPしたのですが、結構興味をひかれました。で、もっとプログラミング言語としての「Python」を勉強しようと本を購入。今まで自分は仕事でもっぱらC言語を、それ以外に趣味などでC++、Perl、エクセルVBAを使ってきました。PyhonはPerlの後継言語のような位置づけですが、科学技術分野の計算をするためのライブラリがむちゃくちゃ豊富に揃っているのが売りの言語です。それ以外にも初心者には比較的「取っつき易い」言語だと思います。これからはAIなどの機械学習の分野でさらに存在感が増してくるものと思われますので学ばない手はないでしょう。

今日も一日ありがとう

継続は力なり。ありがとうございます。パソコン教室やっている身の上、どうやって自分の教室を宣伝するか日々模索なわけですが、YouTubeなどでその手のヒントを得ようとすると、なんともトホホなのばっかり。「プログラミングはカンタン」「プログラミングはだれでもできる」って、そんなこと言ってる人の動画がやたらと出てくる。大抵どこかのプログラミング教室の宣伝動画がその前に流れるんですけど。そもそもプログラム(ソフトウエア)というのは、何かの問題を解決するために作られる複雑なシステムですよ。世の中の難しい問題をプログラムの中に置き換えることがプログラミングの本質だから、難しいのが当たり前なのに、どうしてそんなに「あなたも明日からスグできます」的なことを(いくら宣伝とはいえ)言えるのでしょう。もちろん入門者への敷居を低くすることは大事ですけど、あまりにもひど過ぎませんか?いろいろ考えさせられます。