今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
大東亜戦争での日本軍の敗因を研究した「失敗の本質」という本を読んでいるところです。以前から読みたいと思っていたのですが、ふと思い出してAmazonでポチりました。
この中で日本軍は「作戦目的を明確にしないまま」戦闘に入ってしまう悪い癖があるということが書かれているのですが、自分が仕事で経験してきたソフトウエア開発にもそのままあてはまると妙に関心してしまいます。
だいたい日本の企業のソフトウエア開発のプロジェクトというのは、要件定義もろくになされていない(←つまり何を作るか明確に決まっていない!)のに、納期と費用が決まっているという、普通に考えたらおかしなことがまかり通っているということです。
じゃあ何をもってそのプロジェクトの終了とするのかといえば、「顧客が納得するまで」というまったく明確でないものが充てられているわけです。
たとえ何を作るかが明確になっていたとしても納期を見積もるのは難しいのに、何を作るかが不明瞭なままで正確に納期が計れるわけはありません。そして必ずそのプロジェクトの担当者は残業漬けのデスマーチ(死の行進)となるのです。
こんなんソフトウエア業界なら日本中のどこでも起きてることでしょう。もしかしたらソフトウエア業界に限らないかもしれません。これって昔の日本軍の過ちをそのまま今に引きずっているような気がしてなりません。
よくブラック企業とか体育会系とかいいますけど、その根本は行き過ぎた精神論のような気がします。
日本って技術立国とか言って科学技術を重視しているように見えますけど、科学的なものの見方がとても不得手なように思うのです。もちろん精神論が不要とは思わないですけど、もう21世紀になったのだから、日本人は精神論に振り回されないように考え直す時が来ているように思います。

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
パソコン教室をやっていると就職活動のためと思われる生徒さんがやってくることが多い。そこで聞くのは「即戦力」なんですが、今の企業は「即戦力」ということを言い過ぎなんじゃないでしょうか?まぁもちろん最低限これだけはできてよ~ってレベルはあると思うんですが。思うに採用基準は即戦力よりも「この人と一緒に仕事ができるか?」を問うことの方がずっと大事なんじゃないかなぁ。だから採用面接の時はその人が配置されるであろう部署の人も参加するのがベストだと思う。だいたい人事担当者(だけ)が採用面接するのなんておかしいよね。その辺企業の経営者はどう考えているのかなぁ。

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
今日Windows10をUpdateしたら、タスクバー上に変な表示が現れました!

タスクバー上で右クリックしてメニューを出し「ニュースと関心事項」→「無効にする」で消えてくれました。

 

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
CATVのチャンネルで最近中華王朝のドラマをよく目にする。なにしろ絢爛豪華な宮廷を描いており貴妃たちが美女ぞろい、かつ皇帝がやたらとイケメン。どうやら別々のドラマで一方は「瓔珞」もう一方は「如懿伝」というらしい、なぜかどっちも清朝第6代の乾隆帝の時代です。前の王朝をこんな絢爛豪華に描いていると中国共産党から苦情で出そう。とおもったらすでに出ているらしい。なんか放送禁止になったとかならないとか!日本なんかいくら江戸幕府のことを絢爛豪華に描こうが政府から苦情は来ないですよ~。

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
今日は何の日<1982年5月17日>、塩尻駅が移転して特急しなの号のスイッチバックが解消された日。スイッチバック時代の「しなの号」に乗った記憶があります!イラストを描いてみました→感じがつかめるといいのですが・・・

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
ワクチン争奪戦、やっと父の分も取れました。8:30ジャストに予約サイトに入ったところ、残り数件の表示でした。本当にギリギリといった感じ。やっとひと安心、いままで皆様お騒がせいたしました(でもこんなパソコンやスマホの操作、普通の年寄には無理だろうなぁ)

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
本日のワクチン争奪戦、母親の分だけ獲得に成功。父親の分は取れず、1勝1敗。2台のパソコンからそれぞれログインして挑戦するも、秒単位の攻防にて瞬く間もなく終了。こんな細切れの逐次投入的やりかたはおかしいとしかいいようがない。

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
昨日に引き続き今日もワクチン予約挑戦するも取れず。年老いた両親のためにワクチン予約争奪戦は終りのない戦いである。昨日は接種券番号の入力ミスで数十秒ロスって失敗したので、今日は万全の態勢で臨む。接種券番号と生年月日を入れて次の画面に遷移した!ところが今度の画面で名前入力を求めてきたので名前を入れて「次へ」ボタン押すも、応答なし。そのうちにサーバのエラーを示す英語のエラーメッセージが出る。なんじゃこりゃ!その後再度挑戦するもすでに時遅く全ての日程はバツ。電話はいままで70回以上するも繋がらず。母いわく、隣の○○さんは取れただの、親戚の○○さんは取れただの、キレそうになる。なぜ年齢の高い順に割り当てないのか?韮崎市の対応には疑問を感ずる。マスゴミは年寄りの恐怖心を煽りに煽っているから、本当にどうしようもない。

今日も一日ありがとう

継続は力なり、ありがとうございます。
無料通信アプリLINEでセキュリティ上の問題がクローズアップされてますが、以前からずっと言われてたのにねぇ。でも役所や国の機関もこれ使って情報発信してたりとか。自分も最近ガラケーからスマホにして、一応LINEアプリインストールしてみたけど友達がいないから一度も使ったことない(悲)。アカウント作っただけなんだけど、これでも個人情報漏れてるのかなぁ。氏名と電話番号とメールアドレスだけなら最悪漏れてもかまわないけど(俺の情報に価値は無いから誰もいらないし)。でもみんなLINEアプリをインストールした時に、位置情報やアドレス帳やその他もろもろのアクセス許可をちゃんと考えて設定しているのでしょうか?なんでもかんでもデフォルトの設定のままにしておくのはよくないことですよ(←声を大にしていいたい)

今日から3月です

今月もよろしくお願いします。ありがとうございます。
みずほ銀行のATMトラブルのニュースを見て思う。現場の技術者は死ぬほど大変なんだろうなぁって。銀行って過去統廃合を繰り返してきているのでシステムは増改築のつぎはぎだらけなことは容易に想像できるし、システムを実現しているソフトウエアの保守管理の苦労は想像を絶するものだと思う。ソースコードなんてスパゲッティコードになってて仕様書なんて無いかあっても違うことが書いてあるのは当然だし、もう発狂レベルなんだろうなぁ。本当は過去のシステムをすべてご破算にして完全にゼロから再構築するのが理想だろうけど現実にはそんなことはできず過去のシステムをだましだまし使いながら保守し続けなければならない。本当、過去をご破算にできるんならこんな簡単なことはない。実はゼロからイチを作ることは一番簡単で安易な方法であり、既存のものを生かしながら互換性を保ちつつ新しいものに移行してゆくことが一番難しいことなのです。